四季料理 梅芳園 31年目を迎えて

2019/02/17 ブログ
四季料理 梅芳園(ばいほうえん)

平成元年3月にオープンしてこの3月で31年目に入ります。

当店は、定食(天丼、エビフライ定食、天ぷら定食、お刺身定食)中心に開店しました。

梅蔭禅寺(清水次郎長の菩提寺)の門前にある為、観光のお客様も多かったです。

 

多くのお客様に支えられ、ご要望に応じてマグロ丼、ウニ丼、桜エビかき揚げなども定番となりました。

元々、アルコール類は、余り扱っていませんでしたが、ある日本酒に出会い、ハマリました。

その為に口コミで広がり、会社の接待などにも利用して頂きました。

お茶席やお寺の晋山式の料理などのご依頼も受け、松花堂弁当も始めました。

 

開店当初は、姉夫婦にも助けてもらいながら3人体制で営業していましたが、ある時、姉が病気で倒れ、一人になり、

パートさんやアルバイトさんに助けられました。

 

それで一人で出来る仕事を考えてました。

丁度その頃、あるお客様のご依頼で仕出し弁当(平成7年頃)を作りました。

最初は、5個作るのも大変でした。特に盛り付けとか、冷めても美味しいものなど・・・色々と・・・店内の器に盛るのとは、別物なので。

それも徐々に、口コミで広がり、多い時には、1件で130個も注文が入る様に成り、

とても夫婦二人で営業するには限界を感じ、昼間の店内(定食など)営業をやめて、平日に限り昼間は、

予約制の仕出し弁当専門にしました。夜は、単品料理や当日のメニューなど通常営業していましたが、

平成14年頃から夜も仕出し弁当の依頼が多くなり、また、土、日、祝日など慶弔事に利用されるお客様も増え

とうとう、完全予約制の店に成ってしまいました。現在も夫婦二人で切りまわしています。

 

平成29年1月に先代の突然の他界により、川根茶専門店も母親を中心に引き継いでいます。

飲食店との二足の草鞋ですが、出来る範囲で頑張りますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 

長文で失礼しました。最後まで読んで頂き有難うございました。

ハマった時の日本酒、焼酎、ワインの事もまた、書きますので読んで下さい。